2021.10.13

シーズベーカリーSTORY#1

シーズベーカリーについて書いてみようと思う。シーズベーカリーは国産小麦と天然酵母のお店だ。それに加えて言うならば自分たちの小麦を契約農家の方と協力して作っている。安全であって手作りでしかできないものを作っている。

変なキャリアの私たちがパン屋になった

シーズベーカリーでは妻がパンを焼いていて、妻は東京で建築事務所で基本設計などの仕事をしたあとにパン店にてパンの製造を6年やった。そのあと結婚して福島に戻ったわけだが、このSAGA DESIGN SEEDSに私が勤めはじめたと同時に、「私も何かビジネスをはじめたい」といって始まったのがこのシーズベーカリーだ。そんな経歴なので、お店の店舗設計や什器の設計などは妻が担当し、ショップカードやロゴなどは私が担当した。

シーズベーカリーのカンパーニュ

シーズベーカリーのパンで僕がとにかく口うるさく言って作ってもらったのは、大きなサイズのカンパーニュだ。ホールで1200円の値段をつけたときは、ドキドキした。でもそのホールのカンパーニュを買い求める人があとを絶たない。まずこのカンパーニュにはすべてのシーズベーカリーの思いが詰まっている。すべて国産であること。地粉も入っていること。天然酵母であること。長時間発酵であること。それからシーズベーカリーのメインテーマのもう一つは「テーブルの風景を変えるパン店」であること。これを実現するには、海外サイズのカンパーニュがどうしても必要だと考えたのだ。ニーズを考えれば確かにパンは食パンのほうが使いやすいし、サイズが小さい方が買いやすい。だけれど、おおきなカンパーニュでしか出ない味がある。実際小さなサイズで焼いていたときにはでなかった食感や小麦の風味が出る。このあたりを次回のSTORYで書いてみたいと思う。

シーズベーカリー(https://seeds-bakery.com/)

シーズベーカリー・インスタグラム(https://www.instagram.com/seedsbakery/)

お知らせ

シーズベーカリーでは2021年のシュトレンの予約を開始しています!シーズベーカリーのオンラインストアか、店頭でもご予約承っております。