ホーリーバジル
2021.10.21

ホーリーバジル

SAORI

 

飯舘村でこの夏育てたホーリーバジルのスワッグ

 写真は、収穫したホーリーバジルがあまりに素敵だったので、スワッグ風に仕立てて、いいたてオフィスのドアにかけてみたの図です。

 ホーリーバジル?初めて聞いたーという方もいらっしゃるかもしれませんね。

 和名は神目箒(かみめぼうき)。ヒンディー語でトゥルシー。ホーリーバジルは英語です。

 タイ料理の、例えばガパオライスにトッピングされていたりします。それに、忘れちゃいけないアーユルヴェーダ。そうなんです、インドの伝統的医学「アーユルヴェーダ」で用いられるほど、ホーリーバジルには、様々の癒し効果があるそうなんです。その歴史は、数千年とのこと。近年その癒し効果で注目を集めていますが、いっときの流行ではない本物の力をホーリーバジルは、持っているのです。しかも香りは、心がハッとするような、自然が生み出したとは思えない癒しそのものの香りの持ち主でもあります。

 で、それと私たちがどんな関係かというと、私たちは

①飯舘村の耕作放棄地でホーリーバジルを栽培する!

②さらにそれを原料としたスキンケア用品を商品化する!!

という新事業にチャレンジしているのです。

 飯舘村は原発事故で被災し全村避難となった村ですが、避難解除後、村民の方々も戻りつつあり、村はマイナスから復興を進めてきました。しかし、離農した方がも多いので、耕作放棄地が広々と広がっているのが現状です。

 とはいえ、ちょっと見方を変えれば、そこはある意味チャンスの地。というのも、除染されていながらも、手付かずで、農薬散布されていない無垢の状態。ということは、オーガニック栽培に最適な地なのでは 💓という逆転の発想です。

 それに、村ならではのありがたいこともう一つ。私たちが、「ホーリーバジル、やってみたいんです」と村の農業者の方に告げると、「わかった。とにかくやってみっぺ。あれこれ考えてもやってみねえど、始まんねぇべ」そう言って、協力的に動いてくださる。そんな方がいっぱい。これも、元来村は開拓民により開拓された土地である故、また震災からの復興で、さまざまな方々の支援を受けながら手探りで農業の再起に努めてきた。そんな村の方々だからこそ、とにかく前向き!「やってみねっかわがんね精神✨」なのです。

 私たちは、デザイン事務所ですから、当然農業と言っても家庭菜園程度の未経験者軍団。でも、奥深き農の世界、しかも、原発事故からの復興中の農業に、この夏から飛び込みました。見る人が見れば、ある意味クレイジー集団とも言えるかもしれません。しかし、私たちは飯舘村の土地と人、だからこそのチャンスがあると思っています。

 この夏は、ホーリーバジルを村で借りた畑に植えてみました。いつもはパソコンと一日中向き合っている私たちが、汗水流してスタッフ総出で、です。本来は春から土づくりして、種まいてというサイクルが正常です。今回は、それとは全く違ったタイミングになってしまったので、まぁ出来は良くなかったのですが、これはこれで本当に意味がありました。太陽の下、みなで汗流し働く喜び✨ 童心に帰り夢中になれた一日でした。

みんなのいつもと違う顔が見られた、この夏の熱い(!)思い出

 会社の事業ですから、当然利益は追求しなければなりません。ですが、こうした喜びをスタッフ間で共有できるというのも大切なことなのではと、土まみれで笑い合うみんなの顔を見ながら思ったのでした。

 そんなある意味クレイジーかもしれない私たちの「ホーリーバジルとともに明日を奏でるプロジェクト」。こちらも、随時このたねmagでお伝えしていきたいと思います。

 Instagram(https://www.instagram.com/holyiitate/)では、これまでの取り組み状況やこれからの商品化への試行錯誤を誠意発信中です。これを見て、手伝いたいと言って弊社を訪れてくれた方もいらっしゃいます。(ありがとうございますー!)

 あなたの応援が私たちの励みになります。どうぞよろしくおねがいします!

 

2021年から入社。 整体師の妻であり、二人の女の子たちの母でもある。 好きなこと ・里山の草木を眺めて、かっこいい枝がないか探すこと。 ・家のテーブルを囲み、新鮮で美味しいものを皆で食べること。 ・手を使って工夫できないか、あれこれ思案すること。
2021.10.21

シーズベーカリーSTORY#2

TORU

変えていく2つの景色

シーズベーカリーの変えていく2つの景色というのを二大ミッションにした。「休耕田を小麦畑の景色にかえる」もうひとつは「食卓の風景を変える」ということ。前回なぜ大きな カンパーニュ を焼くかという理由がこの二つ目に大きく関わる。

大きな カンパーニュ

ニーズを考えれば、核家族化や未婚率から、パンのサイズはどんどん小さく個人向けのものになっている。それにパンは多くの日本人にとってみれば主食というより、「おやつ」としての側面も大きい。そんなことよりも、私たちはパンは大きく焼きたかった。そしてこのパンの大きさでしか伝えられないものがあると考えた。そしてこの大きさでやく私たちも楽しい。

大きな カンパーニュ が美味しくなる理由

パンの側面をクラスト、中身のことをクラムという。大きなパンはクラムがもっちりとしあがって、クラストが相対的に薄く、パリッとする。自家製酵母 で起こしたみずみずしい生地が、オーブンのなかでパリッとした皮のなかで長い時間かけてゆっくり火がとおることによってこの食感が生まれてくる。

なかなか売れなかった大きな カンパーニュ

でもこの大きなパンはなかなか売れなかった。どちらかといえば小さいコロコロしたパンが売れて、カンパーニュは売れなかった。だけど、これはシーズベーカリーのミッション「食卓の風景を変える」ことの象徴。簡単に止めましたとは言えない。これは、策略というより覚悟というほうがいいかもしれない。私たちがパンを焼く喜びや小麦のおいしさがつまったこのパンが売れなければやっている意味もないと感じた。

お客様の吸収のはやさ

最初にこのパンに目をつけたのは、料理教室を開いている人や料理人、シェフ、海外で暮らした経験を持つ人たち、それにとても料理が大好きな人。生活を楽しむ人たちだった。彼らは食べ方をすでに知っていて、それを広めもしてくれた。勇気を出して買ってみるわと言いながら買って行ってくれたお客さんもいた。一人暮らしのお客様も半分はスライスしてすぐに冷凍して使うなどして、こちらが食べ方をお知らせするまでもなくとても早い吸収力で使いこなしてくれている。いまではカンパーニュはもっとも早く売り切れるもののひとつだ。

もうひとつの変えたい景色

冒頭で述べた変えたいもうひとつの景色というのに、休耕田を小麦畑にということを書いた。この着想は、コーヒーのサードウェイブの考え方に似ている。パン屋のなかでも新しい考え方をする人たちは、麦畑と密接に関わって、農家と関係性を持ちながらパンを作っている。シーズベーカリーの畑は、あづま運動公園そばの佐原地区にある。次回のストーリーではこのあたりを書いてみよう。

シーズベーカリーSTORY#1(https://www.saga-d.co.jp/tanemag_cat02/dailyseedsbakery/#seedsbakery_story1
シーズベーカリー公式ホームページ(http://seeds-bakery.com
シーズベーカリーインスタグラム(https://www.instagram.com/seedsbakery/

福島市生まれ。福島県立福島高校卒業。多摩美術大学卒業。制作会社を経て2014年に福島にもどりSAGA DESIGN SEEDSに入社。妻が焼くパン店「シーズベーカリー」の共同経営者。趣味はフライフィッシング。
SDS飯舘オフィス
2021.10.18

朝もやが晴れたら♪

SAORI

おはようございます。

サガデザインいいたてオフィスからお届けする「いいたてオフィスdiary」。

今日は、今朝の通勤時に出会った風景をお届けしたいと思います。

お分かりになるでしょうか。

道の向こうに漂う白いけむり。

こんな早朝に野焼きか!

近くまで行ってみるとその正体は、幻想的な朝もやでした。

少し調べると、原因は放射冷却とのこと。

つまり、夜間に冷やされた空気中の水蒸気は、地表付近に沈んでいるのですが、夜明けの太陽光で地表が暖められることにより、それが朝もやや朝霧になるのだそう。

スマホだから(言い訳!)どうもうまく撮れないなーと苦戦しているうちに、どんどんもやは薄らいでいき、やがて消えていってしまいました。

あとかたもなく霧が消えてしまうことをは霧散(むさん)というそうです。

いっときしか見られない神秘的な光景でした。

ちなみに、朝もやが出るとその日は晴れになるんですって!

放射冷却現象がおきる場合は、高気圧が強くなっているから。そのため、日中はよく晴れることが多いということだそうです。

今日の飯舘村、天高く清々しい秋晴れが楽しめそうです。

2021年から入社。 整体師の妻であり、二人の女の子たちの母でもある。 好きなこと ・里山の草木を眺めて、かっこいい枝がないか探すこと。 ・家のテーブルを囲み、新鮮で美味しいものを皆で食べること。 ・手を使って工夫できないか、あれこれ思案すること。